原材料  製粉  生麺の製造  乾麺の製造  皮の製造      
 
 
☆ゲスト様☆
 
   
   
 
 
     
 
 
     
 
 
     
   
     
 
金子製麺 販売パートナーご希望の方はこちらから
 
     
  神名の里(かむなのさと) かねこ製麺 有限会社金子製麺 神奈川県足柄上郡中井町田中994 電話0465-81-0425  
     
 
 
   
  金子製麺のこだわりの原材料をご紹介致します。  
 
   
 
    水は人間が生きてい為になくてはならないものです。その水の汚染がここまで深刻した今、 人は常においしい水を求めています。私たちは、より安全でおいしい水、さらには食材の持つ味を最大限に引き出させる機能性を持った水を創りだすことに成功した・水・それが調理用電解水です。                               <ホシザキ(株)電解水製造機のホームページ>  
    電解水って?  
電気分解は、電気の通る液体の中に2本の電極を入れ、外部電源から電流を通すことによって、 普通では起こり得ない化学反応を引き起こさせることです。もっと簡単にいえば「力を加えて、普通では分かれない物を強引に引き離す」ということです。この場合の(力)が電気エネルギー、「分かれないものが」液体、そして「引き離す」が電気分解を意味します。
    調理用電解水の作り方
 
    一言で電気分解といっても、その種類はさまざまです。ここでは、もっと具体的に「水の電気分解」について考えてみましょう。水分子は、酸素原子1個と水素原子2個がくっついてできています。この水分子がたくさん集まったものが、私たちが普段目にしている「水」という液体なのです。しかし、「水」のなかに含まれているものは、水分子だけではありません。有機化合物や気体ミネラルなどいろいろ なものが溶け込んでいます。そして、そのために水は電気分解することができるのです。  
       
 
   
 
    全ての生命発生のふるさとは海、そのもとである「元素」の大部分は海の中に存在する。
海水を 平釜で時間を かけて結晶させた塩本来の味わいのする塩です。海水中のミネラル分が分解されることなく結晶に残っています。
したがって甘味がある塩らしい古来の塩です。
 
   

<天海の塩>

 
    高知県・室戸沖に湧昇流となって現れた海洋深層水(※1)を100%使用。海水中に自然に溶存する豊富なニガリ成分・ミネラルをバランスよく含んだ、汚染のないクリーンな深層海水をそのまま濃縮しました。
<天海の塩>はミネラルを豊富に含んでいますので、塩辛いだけではなく、まるみのある味でお料理の味わいを深めます。また食品の素材本来の旨味を引き出します。
 
   

<天塩>

 
   

オーストラリア産の塩田の塩

 
   
   
  ※1 海洋深層水とは・・・
    ・植物の光合成に必要な太陽光の届かない水深200m以深の海水のことです。
・寒冷海域で冷やされ重くなった高濃度のミネラル塩水が海中深く沈み込み地球規模で深海を循環しています。
・低温安定性、栄養性、清浄性、ミネラルのバランス等優れた特性があり、生命増殖の好条件を備えています。

(株式会社天塩の資料より)
   
詳しくは< 赤穂の天塩(株)のホームページ >をご覧下さい。
 
     
       
 
   
 
    世界各地で栽培されている小麦その中でも当社が使用している小麦は農林61号 品種による小麦粉です。独特の風味は古来より親しまれた素朴な味わいのある飽きのこない小麦粉なので 日本全国から その価値が再認識されています。しかも当社はこの小麦を全粒粉に製粉することにより 栄養 的にも味わい的にも 大変優れたものを使用しています。  
       
   
 契約先小麦産地
  農林61号小麦   群馬県高崎市 埼玉県 栃木県 三重県
国内産小麦粉   長野県 福岡県 北海道
 
       
 
   
 
    中国・カナダ産の蕎麦が多い中、当社の蕎麦は国産の蕎麦を全層粉に製粉するため蕎麦本来の味わい深いそば粉を使用しています。昔ながらの味わいのある素朴な蕎麦粉として全国より支持を得ています。  
       
     契約先蕎麦産地  
   
  ・キタワセソバ 北海道
北海道産蕎麦粉 神奈川県小田原市(製粉工場)
・常陸秋そば 茨城
茨城県産そば粉 茨城県猿島郡(製粉工場)
 
       
 
  上越スターチ梶@エースSD使用  
 
    生麺、皮製品を製造するときに麺線ならびに生地がくっつかないよう散布するのが澱粉質の粉打ち粉です。

 
       
 
  かんすいについて。蒙古王かんすいを使用。  
 
   

かんすいはラーメンの麺にとって欠かすことの出来ない副原料で、これによりラーメン独特のコシと風味、スープとの絶妙なバランスを生んでいるといっても過言ではありません。
工業的な製造方法のソルベイ法等で製造されたかんすいは、製造過程でアンモニアを使用する為、風味に若干アンモニア臭が残り、それがかんすい臭の原因だとも言われていますが、蒙古王かんすいは地下より天然に結晶化された炭酸ナトリウムを精製して製造されているので
麺を豊かな風味を備え、強いコシ・美しいツヤ・弾力をもつ極上麺に仕上げることができます。 またアンモニアなどによるえぐみがなく、スープが澄んでにごりにくい特徴もあります。

 
   

                
日本食品添加物協会固有登録番号第1075号
かんすい自主認定確認証明済 
(木曽路物産株式会社の資料より)

 
       
       
   
 

以上(有)金子製麺が使用する原料についてご説明させて頂きました。
詳しくは資料請求にて参照ください。