会社概要  製品の特徴  工場概要  社業の歴史  ご案内図  販売店    
 
 
☆ゲスト様☆
 
   
   
 
 
     
 
 
     
 
 
     
   
     
 
金子製麺 販売パートナーご希望の方はこちらから
 
     
  神名の里(かむなのさと) かねこ製麺 有限会社金子製麺 神奈川県足柄上郡中井町田中994 電話0465-81-0425  
     
 
 
 
 

神奈川県の西部に位置する中井町は豊かな湧き水の出る美い土地でした。そこには多くの小麦畑が広がり、その小麦を製粉する製粉所として創業したのが(有)金子製麺でございます。原点は、創業時代の考え方と何も変わっていません。なぜ国産小麦なのか、なぜ小型製粉機なのか、なぜ水に塩に自然乾燥にこだわるのか、創業以来、製粉から製麺と代々受け継がれてきた独自の製法だからです。弊社の小麦は契約栽培の農林61号という品種です。この小麦は非常にコクが有り、風味が有ります。しかもこの小麦を低速回転の小型製粉機で、無理な力を加えず製粉しますので、より一層旨みが逃げないように思われます。本物の味作り百数十年、「車屋 金子製麺」として産声をあげた弊社は明治の創業以来、製粉から製麺と代々受け継がれてきた独特の製法で、本来の味にこだわる職人気質が、金子製麺、季穂(きすい)と信じています。

 
 
 
 
       
  会社方針  
  「山々の露集まりく谷川(中村川)の流れつきせぬ水車の響き」  
 
神奈川県中井町は、古くから清らかな湧き水が出る美しい田園の郷です。
一面黄金色の畑から収穫された小麦を製粉する製粉所として、明治10年に創業したのが金子製麺でございます。
以来、製粉から製麺へと百数十年の歴史の中で、それぞれの当代が独特の製法を生み出し、それをまた次の時代へ確実に継承しております。
その頑なな職人気質から生まれる製品は、一切の添加物を使用せず、穀物の持つ素材の味を引き出す多加水熟成製法により導き出された風味・コクのある『昔ながらの味わい』を守る本格麺でございます。
極めれば人の手の加減がその品質を大きく左右するのです。その年の収穫、季候、職人の手(技術)の三つの環境が醸し出す豊かな味わいと香りを、是非ご賞味くださいませ。

 
       
  事業理念  
  「需要開拓」  
  商品の需要はお客様からもたらされるものではない。
需要は自らが研究開発し、常に開拓すべきものである。
 
 
 
       
  「公利公益」  
  この事業の正否はご利用いただいたお客様の満足度=利によるものである。
余剰利益は常に研究・環境に還元し、更にお客様の満足度を促す。
まさに公の益として位置づける。
 
     
  「一意専心」  
  我々社員一同はその上から下に至るまで、
今為すべきを知らば、脇目も振らずにその事に専念する。
今為すべきを為せば物事は自然に進捗するのである。
 
     
  「勤勉努力」  
  我々は常に向上心を持って仕事に仕事に臨む。
毎日が勉強であることを知り、成長する努力を惜しまない。
 
     
  「感謝協力」  
  出会う全ての人に感謝をする。
その出会いがもたらす自己成長を感謝すべきである。
また、見返りを求めずに協力する。
その働きが自らを強くするからである。
 
     
  会社方針  
  新時代における金子製麺のスタイルを構築し、進むべき方向性を見いだす。
我々は、より多くのお客様の、より高い要求を叶える為に、常に学び常に成長する努力を惜しまない。
お客様の期待に添う自らを育て上げ、確実な未来への扉を拓く。
 
       
  ロゴマークの由来  
 
かねこ製麺ロゴ    
「穀物の育つ田畑」→「製粉する水車」→「麺として形となる製品」という大まかな流れを図案化したロゴマーク
神名(かむな)とは神奈川の古い呼び名のこと
 
       
  会社概要  
 
  有限会社 金子製麺
  神名の郷(かむなのさと) かねこ製麺
  明治10年
  平成8年 有限会社に組織変更
  300万円
  代表取締役社長 金子貴司
  13名
  〒259-0145  神奈川県足柄上郡中井町田中994
      TEL: 0465-81-0425
      FAX: 0465-81-1722
      MAIL: mail@kanekoseimen.co.jp
  製麺・製粉・店舗販売・卸販売・宅配
    イベント出展(ラーメン・うどん・すいとん等販売)
    手打ち蕎麦教室(要予約)
    ネットショッピング(ジオトラスト社SSL導入済み)
    直販店
  中南信用金庫 中井支店
    あしがら農協 中井支店
    ゆうちょ銀行